読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードウェアエンジニアの備忘録

電子工学(半導体物性)→応用光学・半導体プロセス→アナログ回路→C/C++→C#/.NETと低レイヤーから順調に(?)キャリアを登ってきているハードウェアエンジニアの備忘録。ブログ開始時点でiOSやサーバーサイドはほぼ素人です。IoTがマイブーム。

Apple Developers Program登録方法

XCode7.0からは無料で実機ビルドができるようになった!やった!とか言っていたのも過去の話。APNs(Apple Push Notification service)のAPIキーを取得するためには、結局Apple Developers Programへの登録が必要という、、

 

という事で、今回はApple Developers Programへの登録方法の備忘録。

(無料のアカウントだと何もできないよ↓)

f:id:tosh419:20160424190304j:plain

Enrollします!↓

f:id:tosh419:20160424190502j:plain

次に、Entity Typeを選択する。自分の場合はIndividualにあたる。

f:id:tosh419:20160424190835j:plainちなみにPlease note以下をざっと訳すと、

App Storeで販売者としてリストされるために、あなたの会社はあなたの国で法的な組織体でなければいけませんよ。個人事業主や、社員が一人しかいなくて国 によって法的な組織体と認められない場合、登録した人個人の法的な名前で登録され、App Storeで表示されますよ

って感じ。

個人情報を入れていって、最後に、、\12,744支払いでおしまい。

f:id:tosh419:20160424192238j:plain

この時点でアカウントはペンディング状態。48時間以内にAppleから連絡が来て正式に承認となる。

登録したのは日曜日だったが、火曜日に以下のメールが来た。

f:id:tosh419:20160429195809j:plain

Apple Developers Programにログインした画面は以下のような感じ。

f:id:tosh419:20160429200737j:plain

MembershipやCertificates, IDs & Profilesなど無料アカウントの時にはなかった項目が確認できる。