読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードウェアエンジニアの備忘録

電子工学(半導体物性)→応用光学・半導体プロセス→アナログ回路→C/C++→C#/.NETと低レイヤーから順調に(?)キャリアを登ってきているハードウェアエンジニアの備忘録。ブログ開始時点でiOSやサーバーサイドはほぼ素人です。IoTがマイブーム。

六本木アカデミーヒルズを見てきた

六本木ヒルズ森タワー49Fにあるアカデミーヒルズの見学会に行ってきた。雰囲気は以下の写真のような感じで、素晴らしい。

f:id:tosh419:20160606225156j:plain 

※画像はhttp://mice.academyhills.com/より引用

アカデミーヒルズの基本サービス 

アカデミーヒルズの基本サービスは大きく以下の通り。

  • 7時から24時までオープンしている施設
  • 無線LAN
  • 開架12000冊の蔵書
  • メンバーズコミュニティ

施設としては以下の写真がわかりやすい。濃く青で塗られているエリアは主に自習室的な場所で、薄い青の場所は共用スペースといったところ。上の写真の場所はライブラリーカフェという場所になる。リーディングルーム3はPCや電卓の打音もダメなど、部屋ごとにルールが決まっている。また、ライブラリーカフェなどがイベントで貸しきりだったり土日でいっぱいになってしまった場合、白いエリアで示される会議室が開放されるようだ。

f:id:tosh419:20160606230222j:plain

ちなみに、カフェはFRESHNESS BURGERが入っており、有料で飲み物や軽食を注文できる。また、ライブラリーカフェエリアは食べ物の持込みや飲食が可能だが、雰囲気的にはムシャムシャ食べられる感じはない。

良い点

悪い点

  • 月会費が日割りにならず、また休会制度がない
  • 少し堅苦しいドレスコード
  • 土日は席の取り合い?

諸外国で都心にこの設備を持ったCo-Working Spaceを探しても、月1万円では無理だろう。そういう意味で、この値段設定は素晴らしい。しかし一方で、入会時に¥5,000が月会費以外に必要で、これは一ヶ月でも会員が途切れると、再び必要になる。つまり休会制度がない。また、月会費が日割りにならない点もイケてない。月末などに入会すると、ほぼその月の月会費は無駄になる。

 

結論

とりあえず、入会は保留した。ジムと同じで、入会しても行かないと意味が無い。今月はあいにく予定も埋まっており、あまりアカデミーヒルズにも行かれそうにない。また、8月、9月にはそれぞれ1〜2週間程度海外に出かける予定もある。そう考えると、フル活用は難しい。やはり、休会制度がほしい…。ちなみに、ゲスト利用もあるが、カフェスペースで¥2,000/1日、自習室スペースで¥1,000/1日という価格設定だ。自習スペースだけという利用はできないので、自習室で1日ガッツリ勉強しようとするゲストは¥3,000が必要になる。

 

お得情報①

ちなみに、リンク先にある見学特典だが、六本木ヒルズ森美術館でやっている展示の招待券だった。個人的にステッカーを期待していたのだが、残念w

お得情報②

 ダイナースクラブカードを持っている人は次の月の月会費が無料になるキャンペーンがある。ぜひご利用を。ヒルズカードも同様の特待があるようだ。

お得情報③

六本木ヒルズのポイントカード対象なので、カードを持っている人は忘れないように。

www.academyhills.com

 

 

追記

入会しないと言っていたが、その後入会した。とりあえず、7月、8月の2ヶ月頑張ってみる。